女子テニス|世界ランキングとファイナルズ出場の決め方と違い

世界ランキング
mohamed HassanによるPixabayからの画像

前回は男子テニス「ATP世界ランキング」とATPファイナルズ出場を決める「ATPレースランキング」の違いについて記事を書きましたが、今回は女子テニス「WTAランキング」とWTAファイナルズ出場を決める「WTAレースランキング」について書いてみます。

女子はWTA(女子テニス協会)が管理したツアー、WTAツアーでポイントが決まり男子とはポイントの制度が若干違います。

男子テニス|世界ランキングとATPファイナルズ出場の決め方と違い
男子テニスでは世界ランキングが毎週更新され発表されています。これはATP(男子プロテニス協会)ツアーの獲得ポイントによって決められていますが、ATPファイナルズに出場するためにもこのポイントが関係してきます。実は世界ランキングとATP...

世界ランキングとファイナルズ出場の決め方の違い

男子テニス同様、女子テニスも通常使われている「世界ランキング」とは「WTAランキング」です。

そして女子にも男子「ATPファイナルズ」同様「WTAファイナルズ」がありますが、もう一つ女子には「WTAエリート・トロフィー」という大会が年末に行われ、この2つの大会出場を決めるためのランキングを「WTAレースランキング」と呼ばれます、この「WTAランキング」と「WTAレースランキング」は別物です。

「WTAランキング」と「WTAレースランキング」の違い

「WTAランキング」「WTAレースランキング」は男子同様にグランドスラムとWTAツアーで付与されるポイントで決まりますが、2つのランキングには決め方に若干違いがあります。

この違いはポイントを換算する期間の違いです。(これも男子と同じですね)

WTAランキングの期間

WTAランキングは通常使われる女子テニスの世界ランキングのことです。

WTAランキングのポイントは52週間有効で、52週ごとに更新されてしまいます。

52週は約1年ですので、前年獲得したポイントは今年の同じ週に更新され消滅してしまいます。

ですので、昨年出場した大会で獲得したポイントは、今年も同じ成績を残さなければ同じポイントにならないということです。

例えば現在3000ポイントある選手が、去年A大会に出場し500ポイント獲得していたとします。そこで今年もこのA大会の時期がきました。もし今年この大会で1000ポイント獲得できればATPランキングのポイントは3500になります。

逆に今年出場しなければ2500ポイントに、前回よりも成績が悪く200ポイントしか獲得できなければ2700ポイントになってしまうと言うことです。

このポイントの移り変わりで、毎週ポイントが更新され世界ランキングが更新されていきます。

WTAレースランキングの期間

WTAレースランキングはWTAファイナルズとWTAエリート・トロフィーに出場するためのランキングです。このランキングで上位8名がWTAファイナルズに、WTAファイナルズに出場できなかった11名がWTAエリート・トロフィーに出場できます。

WTAレースランキングはATPレースランキング同様1月1日から12月までの期間に獲得したポイントで換算されます。

ですので毎年1月1日には全選手0ポイントからスタートし、その1年間で獲得したポイントでWTAファイナルズ、もしくはWTAエリート。トロフィーへの出場が決まります。

WTAファイナルズはその年の年間チャンピオンを決める大会です。

ポイント計算方法

「WTAランキング」「WTAレースランキング」は共にポイントの計算方法があります。

ポイント計算は16大会のみ

ポイントは大会に出場して獲得ポイントが多かった16大会の合計ポイントになります。(男子は18大会)

ですのでたくさん大会に出て、少ないポイントをかき集めるといった方法ができず、大会ごとにしっかりと結果を残りさなければいけません。ポイント付与の大きい大会で多くポイントを稼がなければいけないシステムです。

上位選手の出場義務

男子同様、女子選手にも上位選手には出場義務があります。

WTAランキング上位10名には大会の出場義務が課せられます。(男子は上位30名)

この義務ずけられた大会を1つ欠場すると、ポイント計算の16大会のうち1つが0ポイントとして計算されます。(もちろん2大会欠場したら16大会のうち2つが0ポイントになります。)

出場義務の大会

  • グランドスラム – 4大会全て
  • WTAプレミア・マンダトリー – 4大会全て
  • WTAプレミア5 – 5大会のうち4大会
モウ太郎
モウ太郎

男子のATPと大きくは一緒だけど、細かい点が若干違う感じだモウ。

 

WTAツアーの大会ランクとランク別獲得ポイント

WTAツアーには大会ごとに大会のランクが別れており、その大会ランクにより獲得できるポイントが違います。

こちらも男子と同じですが、ランク分けやポイント付与数が違います。

WTAツアーの格付け

WTAポイントはグランドスラムと5つのWTAツアーからなります。

大会 優勝獲得ポイント 年間開催回数
グランドスラム 2000 4回
     
WTAプレミア・マンダトリー 1000 4回
WTAプレミア5 900 5回
WTAプレミア 470 12回
WTAインターナショナル 280 31回

WTA125Kシリーズ

180 6〜10回
     
ITF女子サーキット 2019年よりWTAポイントなし  

この他に年間チャンピオンを決める「WTAファイナルズ」とWTAファイナルズできなかった上位11名が参加する「WTAエリート。トロフィー」があります。

大会ランク別獲得ポイント

グランドスラム

グランドスラム 年間全4大会

1:全豪オープン 

2:全仏オープン(ローランギャロス) 

3:ウィンブルドン選手権大会(全英オープン)

4:全米オープン

グランドスラム 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
ベスト
128
予選通過 予選
予選
予選
獲得ポイント 2000 1300 780 430 240 130 70 10 40 30 20 2

男子同様、女子テニスツアーで最も上位に位置する大会。ポイント、賞金、大会規模、名誉全てにおいて最大の大会。(男子グランドスラムと獲得ポイントが若干違います。)

また4大大会全てを優勝することも「グランドスラム」と呼び、キャリア内に全ての大会で優勝できた場合「キャリアグランドスラム」、1年間で達成した場合「年間グランドスラム」と称される。

男子テニス|世界ランキングとATPファイナルズ出場の決め方と違い
男子テニスでは世界ランキングが毎週更新され発表されています。これはATP(男子プロテニス協会)ツアーの獲得ポイントによって決められていますが、ATPファイナルズに出場するためにもこのポイントが関係してきます。実は世界ランキングとATP...

WTAプレミア・マンダトリー

WTAプレミア・マンダトリー 全4大会

1:BNPパリバ・オープン 

2:マイアミ・オープン 

3:ムチュア・マドリード・オープン 

4:チャイナ・オープン

WTAプレミア・マンダトリー 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
ベスト
128
予選通過 予選2 予選1
獲得ポイント 1000 650 390 215 120 65 35 10 30 0 0

グランドスラムにつぐ大きな大会。男子のATPマスターズ1000に相当。

WTAプレミア5

WTAプレミア5 全5大会

1:ドバイ・テニス選手権 

2:BNLイタリア国際 

3:ロジャーズ・カップ 

4:ウエスタン・アンド・サザン・オープン 

5:武漢オープン

WTAプレミア5 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
ベスト
128
予選通過 予選2 予選1
獲得ポイント 900 585 350 190 105 60 1 0 30 22 0

 

WTAプレミア

WTAプレミア 全12大会

1:ブリスベン国際 

2:シドニー国際 

3:サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー 

4:カタール・トータル・オープン 

5:ファミリー・サークル・カップ 

6:ポルシェ・テニス・グランプリ 

7:エイゴン・クラシック 

8:エイゴン国際 

9:バンク・オブ・ウエスト・クラシック 

10:コネティカット・オープン 

11:東レ・パンパシフィック・オープン 

12:クレムリン・カップ 

WTAプレミア 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
ベスト
128
予選通過 予選2 予選1
獲得ポイント 470 305 185 100 55 30 1 0 25 0 0

 

WTAインターナショナル

WTAインターナショナル 全31大会

1:ASBクラシック 

2:台湾オープン 

3:クラロ・コルサニータス・カップ 

4:プラハ・オープン 

5:シティ・オープン 

6:ジャパン女子オープンテニス 

7:韓国オープン 

8:香港オープン

他21大会

WTAインターナショナル 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
予選通過 予選2 予選1
獲得ポイント 280 180 110 60 30 1 0 6 4 0

WTA125Kシリーズ

WTA125Kシリーズ

男子ATPチャレンジャーツアーに相当する、下部大会。

開催年により開催回数が異なる。年6回〜10回程度。

WTA125シリーズ 優勝 準優勝 ベスト
ベスト
ベスト
16
ベスト
32
ベスト
64
予選通過 予選2 予選1
獲得ポイント 160 95 57 29 15 1 0 6 4 1

 

IFT女子サーキット

女子プロテニスツアーで最も下位のツアー

2019年よりWTAポイントが付与されない。

WTAファイナルズ

WTAレースランキング上位8名が出場できる大会。毎年10月後半から11月に開催され、その年の年間チャンピオンを決める大会。

獲得ポイントも男子ATPファイナルズ同様に特殊で、決勝で勝利810ポイント、準決勝で勝利360ポイント、ラウンドロビン1勝につき230ポイント。負けても70ポイントが獲得できる。

また、WTAファイナルズで獲得したポイントはWTAランキング計算に入る16大会のポイントにプラスして換算される。

WTAエリート・トロフィー

WTAファイナルズに出場できなかった上位11名と主催者推薦の1名の計12名が出場できる大会。

獲得ポイントも特殊で、決勝で勝利460ポイント、準決勝で勝利200ポイント、ラウンドロビン1勝につき120ポイント、負けても40ポイントが与えられる。

WTAファイナルズ同様にWTAエリート・トロフィーで獲得したポイントはWTAランキング計算に入る16大会のポイントにプラスして換算される。

 

女子テニスツアー2019|大会の年間スケジュールまとめ(放送予定
女子テニス2019年、WTAツアー大会の年間スケジュールをまとめてみました。今年はいつ、どこで、どんな大会が開催されているのか?次の大会はいつ?今後はどん大会が控えてるの?まだあの選手はファイナルズに出場できるチャンスはあるの?あ...

 

WTAツアーを観るなら

女子テニスの2019年の放送・配信は地上波、WOWOW、DAZN、WTA TVが主に行なっています。

WTAツアーは現在、日本ですとDAZNの独占配信になっています。

・地上波 – グランドスラムの数試合がNHK BS、BS朝日で放送予定ですが、大坂なおみ選手や決勝程度の放送と予測できます。

 

WOWOW – グランドスラム4大会の放送はWOWOWでのみ放送です。WTAツアーは放送されません。

WOWOWはこちら

WOWOWでテニスを楽しむため知っておくポイント|料金や解約方法
4大大会グランドスラムや男子テニスATPツアーを観戦するのに欠かせないのがWOWOWとなっていますね。そこで実際にWOWOWに加入するとどうなるのか。どのくらい費用がかかってどのように加入、解約するのかご紹介します。WOWOWはこちら...

 

DAZN – 日本での女子テニスツアーWTAはDAZNの独占配信になっています。グランドスラムを除くWTAツアーとフェドカップなどほとんどの試合が配信されています。オススメ

DAZNはこちら

DAZN(ダ・ゾーン)テニスを楽しむポイント|無料料金や放送予定
初めに言っておくことは、DAZN(ダゾーン)でテニスを楽しめるのは女子テニスのWTAツアーがメインです。4大大会グランドスラムは一切配信しておらず、男子テニスATP250大会は僅かに配信されてるだけです。逆に女子テニスWTAツアーを観れ...

 

WTA TV – WTAが配信しているサービスでグランドスラムを除くWTAツアーのほとんどを配信しています。英語のサイトになっています。

WTA TVはこちら

下の年間スケジュールにそれそれの大会の放送・配信予定を記載しています。

 

モウ太郎
モウ太郎

女子テニスツアーを観るなら断然「DAZN」がオススメだモウ。

女子テニスツアー2019|大会の年間スケジュールまとめ(放送予定
女子テニス2019年、WTAツアー大会の年間スケジュールをまとめてみました。今年はいつ、どこで、どんな大会が開催されているのか?次の大会はいつ?今後はどん大会が控えてるの?まだあの選手はファイナルズに出場できるチャンスはあるの?あ...

 

まとめ

今回は女子の世界ランキングとWTAファイナルズ出場の決め方を記事にしました。

男子テニスの決め方と大まかには一緒ですが、ポイントの付与数や大会数、WTAファイナルズの他にWTAエリート・トロフィーという大会があるなど細かい点が若干違う感じでした。

男子テニス同様に女子テニスのポイントの計算方法を知っていいると、女子テニスの見方もより楽しくなりますね。

我らが大坂なおみ選手には、長く1位の座に居座って欲しいので、ドキドキしながら計算してます。

ひらがな
ひらがな

大坂なおみ選手は去年の全米オープンと今年の全豪オープンを優勝しているので、それまではかなりアドバンテージがありますが今年の全米オープンでまた優勝しなければかなりポイントを落としてしまいます。今年こそ踏ん張りどきです。頑張れ!大坂選手!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました