テニス肘|【治し方と対策】おすすめサポーターなどアイテム紹介

テニスの豆知識

テニスをしていると、よく聞くテニス肘。これは肘に痛みを感じる症状で主にテニスを定期的にしている人に多く見られることから「テニス肘」と言われているようです。

今回は「テニス肘」の原因と対処法を調べてみました。

テニス肘とは

「テニス肘」とは、テニスに限らずに手首を使うスポーツや頻繁に重いものを扱っているほとに起こる症状のようで、バドミントンや剣道などのスポーツやプライパンを振る料理人などにも起こるようです。

症状は普段は痛みが起こりませんが、「物を持ち上げたり、タオルなどを絞ったりと手首を使った動作の時」に肘の外側に痛みを感じます。

 

テニス肘の確認

「テニス肘」かどうかの確認方法は主に3つあるようです。

  1. 肘を伸ばして、椅子を掴み手首を上に反らした状態で持ち上げると肘に痛みがでる。
  2. 肘を伸ばして、手を握った状態で手首を上へ反らし、他の人に手首を下へ押してもらった時に肘に痛みがでる。
  3. 肘を伸ばし、指の中指を上へ反らし、反らした中指を他の人に下へ押してもらった時に肘に痛みがでる。

 

テニス肘の原因

「テニス肘」の原因は肘ではなく「手や手首の使いすぎ」や「手首への衝撃」が原因のようです。

手首から肘に繋がっている腱が炎症を起こし、肘の痛みを発症しているようです。

テニスでは特に片手バックハンドの際に、裏面で片手でボールを打つために衝撃が手首や親指側へ頻繁に伝わりテニス肘が発症するようです。

 

テニス肘の治療

「テニス肘」の治療は安静が一番のようです。肘にシップなどを貼って、なるべく痛みの出る手の使用を避けて、使いすぎている手を休めましょう。

エルバーバンドやサポーターなどを使い、手や肘への衝撃を抑えることも有効のようです。

病院での治療は消炎鎮痛剤の服用やシップなどの処方、理学療法やステロイド注射などが処置されるようです。

基本的には手術を行うことはまれのようですが、症状がひどくなっている場合は手術を行うこともあるようです。

何れにしても、まずは早めに整形外科病院で診断をしてもらうのが良さそうです。

 

テニス肘の対策

手首と肘のストレッチやマッサージを行う

テニスを行う前と後に手首と肘のストレッチを行うと良いみたいです。

  1. 回内:肘を伸ばして手のひらを外に向け、反対の手で手のひらを上から内側へ回す。
  2. 回外:肘を伸ばして手のひらを上へ向け、反対の手で手のひらを外側へ回す。
  3. 肘を伸ばし手のひらを下へ向け、手首を下へ反らした状態で、反対の手で中指を中心に体側へ引っ張り手首を伸ばす。
  4. 肘のあたりの筋肉をマッサージし、筋肉をほぐす。

 

技術の向上

初心者などはテニスのフォームができていなかったり、ラケットのスウィートスポットにボールが当たらずに衝撃が強く手や肘に伝わってしまうことが原因になりますので、しっかりとした技術を習得し衝撃の少ないテニスができるようになることが有効のようです。

 

サポーターを使う

手や肘への衝撃を抑えるために、普段から手首や肘にサポーターやバンドを着用すると有効です。

すでに肘に若干痛みを感じている人だけでなく、テニス肘予防のために今からサポーターをつけて手首や肘の負担を軽減させておくことをおすすめします。

 

サポーターはザムスト(ZAMST)がおすすめです。プロ選手も着用しており、おすすめサポーターでも人気のメーカーです。

 

 

 

道具を選ぶ

ラケットなど手や肘に優しい道具を選ぶ。

衝撃が少ないラケットやスウィートスポットの大きいラケットを選んだり、衝撃吸収のアイテムを使うことにより手や肘への衝撃を減らすことも有効です。

ラケット

手や肘に負担のかからないラケットを選ぶことが有効です。スウィートスポットが広いものや反発が良いもの、グリップを太くして手首の可動域を少し制限してあげるなどが挙げられます。

またストリングをナチュラルやナイロンなど打感が柔らかい素材にし、反発重視の緩めに張るなども対処法の一つとして有効です。

テニスラケットの選び方|知って損なし4つのポイント
テニスラケットを選ぶときに、一体どんなラケットを選べばいいか迷いますよね。いっそ好きな選手が使っているラケットを買って、そのラケットに慣れるのもありだと思いますが、そのラケットが一体どんな性能のラケットか知っている方がいいですよね。し...
気軽に決めよう|テニスのストリング(ガット)素材と太さとテンション
テニスをしていて迷うポイントとして、「ストリング(ガット)はどう張ればいいの?」。「何が自分にあってるの?」、「どんな素材があって、どれがいいの?」わからないことばかりで、迷うに迷えない状態です。説明を読んでも難しいことが書いてあっ...

 

肘に優しいラケットで人気があるのがプロケネックスの「キネティック」とヨネックスの「イーゾーン100」が挙げられます。

 

プロケネックス キネティック Q+30

肘に優しいラケットで最も人気があるシリーズ。テニス肘の予防を考え手や肘への衝撃負担を一番に考えています。その中でも「キネティック Q+30」は最軽量で最もテニス肘に優しいラケットとなっています。

メーカー プロケネックス(PROKENNEX)
ラケット名 キネティック Q+30
(Kinetic +30)
重量 260g
ストリングパターン 16/19
ヘッドサイズ 120インチ
フレーム厚 28mm
長さ 27.5インチ

 

ヨネックス イーゾーン100

ヨネックスは振動が少ないラケットを作るメーカーですが「イーゾーン」は振動吸収性に優れたラケットで「振動がない」と評価されていることもあります。反発もよくスウィートスポットも広く肘に優しいラケットの条件を満たしており、肘に不安がある方にも人気のラケットです。プロケネックスの様に「でかラケ・厚ラケ」ではなくプロ選手も使っているシリーズになっています。「イーゾーン」と言えば大坂なおみ選手も「イーゾーン98」を使用していますよね。

メーカー ヨネックス(YONEX)
ラケット名 イーゾーン 100
(EZONE 100)
重量 Gグリップ2・3 300g
ストリングパターン 16/19
ヘッドサイズ 100インチ
フレーム厚 24-26-22mm
長さ 27インチ

 

女子テニス選手使用ラケット紹介|大坂なおみ、セリーナ、バーティ
今回は大坂なおみ、セリーナ・ウィリアムズ、アシュリー・バーティのラケットをご紹介させていただきます。トップ選手が使うラケットって気になりますよね。好きな選手が使うラケットを使ってテニスをするとワクワクしてきますよね。トップ選手が使...

 

振動止め

・消しゴム型

2本のストリングの間に挟めるタイプで最も一般的なものです。種類が豊富です。

・リングタイプ

振動を抑える効果は一番小さいタイプです。ラファエル・ナダルも使っているバボラの「カスタムダンプ」が今人気があります。

・ローバイブ

最も振動を抑えるタイプの振動止めです。10本のガットの振動を抑えます。とにかく振動を抑えたい方はこちらをおすすめします。

振動が抑えられて、打感が変わった感じを受ける場合があるようです。

・シリコンタイプ ワイド

振動吸収が大きいタイプで、シリコンブロックをストリング6本程度に挟めるタイプです。上のローバイブタイプでは振動を抑えすぎていると感じた方はこちらを試してみるのが良いかもしれません。

 

まとめ

テニスは楽しいですよね。いつまでもテニスを楽しみたいです。

しかしテニス肘はやはりテニスをしていると付いて回る悩みかもしれません。テニス肘でテニスをするのを諦めるのは嫌ですよね。

テニス肘と上手く付き合って、長くテニスを楽しむためにテニス肘になる前にしっかりとできる対策はしておきたいですし、なってしまってもしっかりと治療をしていつまでもテニスを楽しみましょう。

テニスは他のスポーツと比べてもいつまでも楽しめるスポーツですからね。

 

人気テニスラケット特徴紹介まとめ【楽天ランキング】
テニスラケットメーカー、ラケットの種類って様々で、どのラケットを選べばいいか難しいですよね。みなさんはどんなラケットを選んでいるのか?どんなテニスラケットが人気があるのか?気になりますね。今回は楽天ランキングの1位から7位までの人気ラ...
テニス選手使用ラケットまとめ|男子トッププロ37名が使う人気モデル
男子のトッププロ選手37名が使うテニスラケットを一挙に調べました。憧れの選手と同じラケットを使って、テニスを楽しみましょう。男子トップ選手35名 使用ラケット一覧男子テニス選手ノバク・ジョコビッチ ヘッド(HEAD) 【グラ...
テニス選手使用ラケットまとめ|女子トッププロ31名が使う人気モデル
女子のトッププロ選手31名が使うテニスラケットを一挙に調べました。憧れの選手と同じラケットを使って、テニスを楽しみましょう。女子トップ選手31名 使用テニスラケット一覧女子テニス選手大坂なおみ ヨネックス(YONEX) 【E...
大坂なおみとは?完全版|経歴や使用ラケット・ウェアまとめ
快進撃を続けている我らが大坂なおみ選手。ほのぼのした「テニスを始めた理由」とは。14歳からツアーに出場し、世界1位までの経歴を一挙にまとめてみました。大坂なおみとは大坂なおみ基本情報 本名大坂なおみ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました