【初心者用】テニスショット種類を知れば面白くなる

テニスの豆知識

テニスはラケットでボールを打って相手に返すスポーツですが、ただ単純に打ってるだけじゃないんですね。打ち方や球筋を変えながら、ミスをしないようにしたり、相手が取りにくいように考えたりしショットの種類を変えて駆け引きをしています。

もしかしたら「フォアハンド」や「スライス」、「ドロップショット」など聞いたことがあるかも知れませんが、ごちゃごちゃになっていたりしませんか?

今回はテニスのショットの種類を分類別にまとめてみました。まだ整理がついていない人は参考にしてみてください。

ひらがな
ひらがな

今回はモウ太郎選手に実践してもらいましょう

モウ太郎
モウ太郎

任せるだモウ

フォアハンドとバックハンド

まずはフォアハンドバックハンドの説明からです。

これはショットの種類と言うよりは、利き手の方か利き手の逆の方で打つかの名称です。

通常右利きの人は体の右側で打つ方が打ちやすく、左利きの人は体の左側で打つ方が打ちやすいですよね。この利き手の打ちやすい方がフォアハンドと言います。

 

モウ太郎
モウ太郎

僕は右利きだから、右側で打つのがフォアハンドだモウ

逆に利き手とは逆側。右利きの人が体の左側、左利きの人が体の右側で打つことをバックハンドと言います。

 

モウ太郎
モウ太郎

バックハンドは左側だモウ。僕は両手打ちだモウ。

ただこれだけの話です。

 

サーブ(サービス)

サーブはゲームを始めるときに一番最初に打つショットです。

唯一自分のペースで自分のタイミングで打てるショットですので、サーブはかなり有利なショットです。サービスエースなんかも上手くなれば取れちゃいます。

*サービスエース – 相手がボールに触ることができずにポイントを取ること

サーブとも言いますし、サービスとも言います。(ファーストサーブとかセカンドサーブとかは「サーブ」ですが、サービスエースは「サービス」を使うことが多いですね)

サーブにも種類があります。

フラットサーブ

「フラット」とはまっすぐ当てる打ち方です。一番基本のショットです。

スピンや回転をかけずにまっすぐ当てるので球の速度が一番速く打てます。しかし回転がない分跳ねた後もボールの軌道が予想しやすく、ラケットに当たればある程度素直に返されてしまいます。また打った軌道も直線的なのでネットにかかりやすく成功率も若干低めです。ファーストサーブで狙ってみるのがいいですね。

スピードで押し切ってサービスエースを狙うか、相手の選手のラケットの振り遅れを狙ってバシッと打っちゃいましょう。

スライスサーブ

横回転のスピンを与えて打つサーブです。

回転をかけるので成功率が高くセカンドサーブにも使えます。横回転がかかっているので跳ねた後も横へ逃げていきます。右利きの人でしたら右側のサーブ(デュースサイド)から外を狙って打つと外へ逃げて行き相手を外へ追い出すことが出来ます。(左利きの人は逆に跳ねていきます。)

スピンサーブ

縦回転のスピンをかけて打つサーブ。

軌道が山なりでネットの上を通せるので成功率が最も高いサーブ。跳ねた後もボールが高く跳ねて相手には取りずらい。

キックサーブ

スピンサーブの一種で縦回転が軸が若干スライス気味に倒れているためバウンドした後スライスとは逆方向に高く跳ねる。

 

ストローク

ストロークは、打ち合いの中でワンバウンドしたボールを打つショットです。

基本的に一番後ろのライン(ベースライン)付近で打ち合うことが多いですが、場所は問わずワンバウンドしたボールを打つショットです。

一番基本的なショットで一番使うショットでもあります。

フラットショット

フラットサーブ同様、回転をかけずに真っ直ぐ打つショットです。

回転がかかっていないのでボールの速度が一番速いショットになります。特徴もフラットサーブと同様で軌道が真っ直ぐなので、跳ねた後も予想しやすく相手はラケットに当てれば素直に返すことが出来ます。また打った軌道も直線的ですのでネットにかかりやすく成功率が若干低めです。

相手の球が跳ねた後、ネットより高い位置にあるときに決め球として速い球をバシッと決めるときに使いましょう。

スライスショット

逆回転の回転をかけて打つショット。

逆回転がかかっているので、とても伸びて飛んでいきます。イメージとしては飛行機が飛んで行くように滑らかに浮いていく感じ。跳ね方も滑るように跳ねずに低く速く、または逆回転がかかっているので止まります。

「攻めのスライス」と「守りのスライス」があり、攻めのスライスは低く滑ることを利用して相手に取りずらいスライスを打ちます。相手はボールが跳ねないので持ち上げるように打たなければなりません。守りのスライスは大きくラケットを振れない、しっかりとラケットを振れないときに浮いていく性質を使い相手コートにボールを返してあげる時などに使います。

スピンショット

縦回転をかけて打つショットです。

ボールの軌道が山なりでネットの上を通せるので、ミスが少ないショットです。フラットショットと違い、ある程度強く打ってもしっかりとボールをコート内に落とせるので強くて速いショットが打ちやすいです。跳ねた後も高くそしてスピードが増して伸びるので相手にすると取りずらいショットになります。

クロスとストレート

「クロスショット」「ストレートショット」と聞いたことがあるかも知れませんが、ただ単にクロスショットは対角線方向に打つことで、ストレートショットは真っ直ぐ打つことです。

ワイドクロスと逆クロス

ただクロスショットでも、さらに角度をつけて相手をコートから追い出すようなショットをワイドショットと言ったりします。

また通常クロスショットは自分の外側の手で打ちますが、回り込んで反対の手で打つことを逆クロスショットと言います。

通常のクロスショット

バックハンドで対角線方向を狙います。

逆クロスショット

通常だとバックハンドで打つ状況で、回り込んでフォアハンドで打ちます。
得意な方でより強く、正確なショットで決めにいく時などに使います。

ダウンザライン

こちらはストレートショットの一種ですが、特にサイドライン際からサイドラインに沿ってストレートを打つショットです。

外に追い出された場合、通常はコートの広いクロスに打ちますが、サイドラインギリギリから相手のサイドラインギリギリを狙って真っ直ぐ打ちます。決め球として使うことが多いです。

 

モウ太郎
モウ太郎

逆クロスとダウンザラインを決めたら、かっこいいモウ

ライジングショット

 

ライジングショットはボールがバウンドして最高点に達する前、ボールが登っているときに打ってしまうショットです。

通常はボールがバウンドして、一度頂点に達し落ちきたところを打ちにいきますが、ライジングショットはボールが頂点に達する前に打ちます。通常よりも打つタイミングが速いので相手選手は通常よりもボールが帰ってくる時間が少なく打つ準備ができる前に次のボールを打たなければなりません。

 

ボレー

ボレーショットはストロークショットとは違い、ノーバウンドでボールを打つショットです。

通常はネット側まで詰めて、相手のボールをブロックするように打ちます。

ボールが帰ってくるタイミングが非常に早く角度もつけやすいので、決め球になります。

ドライブボレー

ボレーの一種ですが、ブロックするように打つ通常のボレーに対してラケットを降って回転とスピードをつけて打ち込むように打つボレーがドライブボレーです。

難易度が高く成功率も低いですが、決まるとほとんどエースのポイントになります。

ほとんどスマッシュみたいなもんです。

アプローチショット

ボレーをするためにネット際につめる時に使うショットで、特にこういうショットというものはありません。

前に出て、次に自分がボレーしやすいボールを相手に返させるために色々考えて打ちましょう。

 

スマッシュ

スマッシュは高く上がったボールをサーブの様に上から叩きつけるように打つショットです。

基本的にはネット際で決め球の様に使います。バウンドさせずに打ってもワンバウンドさせてから打ってもいいです。

グランドスマッシュ

グランドスマッシュはコートの後ろのライン(ベースライン)付近から打つスマッシュでサーブの様に打ちます。

相手選手がロブなど高い球をベースライン付近に落とした時などに使います。

 

ロブ

高く山なりのショットです。

前に詰めてきた相手を、相手選手の頭の上を通して打つショットです。
スピンロブやスライスロブなどありますが、高い山なりのショットはロブです。

 

ドロップショット

前に落とすショットです。

後ろに構えていた選手が届かない様にネット際にポトっと落ちします。
相手選手は意表を突かれて、一所懸命前に走ってきて拾えても次のショットがチャンスボールになることが多いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はテニスのショットをまとめて整理してみました。

テレビでテニスを観戦しているときに解説者がショットの名前を織り交ぜて解説してくれていますよね。「素晴らしいダウンザラインですねぇ」などと。整理できていれば、今この選手がどんなボールを打ったのかモウわかりますよね。笑

「解説者に言われなくてもそれくらい観てれば分かりますよ」ってなりますよ。

また、自分でプレーしているときも色々なショットを知っていれば自分に取り入れて使うこともできますよ。「ここは逆クロスで決めてやる!」なんて。

ショットの知識を豊富にして、さらにテニスを楽しんじゃいましょう。

 

モウ太郎
モウ太郎
 

みんな、分かってくれたかモウ?

僕のショットを観てくれたかモウ?

テニス選手紹介まとめ|今を戦う選手の経歴と使用アイテム
このサイトでは今を戦っている男子テニス選手、女子テニス選手の紹介記事をまとめています。常時紹介選手の数を増やしていく予定です。男子選手ラファエル・ナダル「クレーキング」ことナダル。数々のタイトルを獲得し、男子テニス史上8人しかいな...

 

テニスラケットの選び方|知って損なし4つのポイント
テニスラケットを選ぶときに、一体どんなラケットを選べばいいか迷いますよね。いっそ好きな選手が使っているラケットを買って、そのラケットに慣れるのもありだと思いますが、そのラケットが一体どんな性能のラケットか知っている方がいいですよね。し...
テニス選手使用ラケットまとめ|男子トッププロ37名が使う人気モデル
男子のトッププロ選手37名が使うテニスラケットを一挙に調べました。憧れの選手と同じラケットを使って、テニスを楽しみましょう。男子トップ選手35名 使用ラケット一覧男子テニス選手ノバク・ジョコビッチ ヘッド(HEAD) 【グラ...
人気テニスラケット特徴紹介まとめ【楽天ランキング】
テニスラケットメーカー、ラケットの種類って様々で、どのラケットを選べばいいか難しいですよね。みなさんはどんなラケットを選んでいるのか?どんなテニスラケットが人気があるのか?気になりますね。今回は楽天ランキングの1位から7位までの人気ラ...
あの選手はどれ?男子選手の使用テニスシューズまとめ|メーカー別
テニスをするにはテニスシューズが必要です。ですがテニスシューズには多くのメーカーやラインナップ、種類があってどれを選ぶか迷ってしまいます。 今回はプロのトップ男子テニス選手が使用しているテニスシューズをまとめてみました。 参考にしてみてく...

男子テニス ATPツアー放送・配信サービス

男子テニスツアーは民間放送とWOWOW、GAORA、ATP TENNIS TVで放送配信しています。

 

・民間放送 – NHK BS、BS朝日で放送されています。放送は限られており錦織選手の試合や準決勝、決勝のみといったことがよくあります。

 

オススメ
・WOWOW
– グランドスラム4大会すべてを放送しているのはWOWOWだけです。そのほかATPツアーも数多くオンデマンドにて配信しています。

WOWOW_無料申し込み
WOWOWでテニスを楽しむため知っておくポイント|料金や解約方法
4大大会グランドスラムや男子テニスATPツアーを観戦するのに欠かせないのがWOWOWとなっていますね。そこで実際にWOWOWに加入するとどうなるのか。どのくらい費用がかかってどのように加入、解約するのかご紹介します。WOWOWはこちら...

 

・GAORA – グランドスラムの放送はありません。そのほかのATPツアーを数多く放送しています。

GAORAはスカパー!から

ATP TENNIS TV – ATPが運営している配信サービス。グランドスラム以外のATPツアーをほぼ配信しています。英語サイトになっています。

ATP TENNIS TVはこちら

下の年間スケジュールにそれそれの大会の放送・配信予定を記載しています。

モウ太郎
モウ太郎

男子テニスATPツアーを観るなら断然「WOWOW」がオススメだモウ。グランドスラムも見れるだモウ。

YouTube

ロンドンにATPファイナルズ観戦に行った旅をYouTubeで配信してみました。もしよろしければ、こちらもご覧ください。

『11月ロンドンの旅007風⑦』エリザベス女王とサンデーローストとATPファイナルズ

『11月ロンドンの旅007風⑩』ついにATPファイナルズ、ナダルVSズべレフ


コメント

タイトルとURLをコピーしました