【初心者必見】テニスのポイント数え方|考え方は時計を埋めよう!

テニスのルール

テニスのポイントは「フィフティーン」やら「サーティ」やら「フォーティ」やらややこしいですよね。さらにゲームだのセットだの一体いつになったら勝負がつくの分かりずらいです。

実はテニスの数え方は60進法になっているのです。ですので時計をイメージしながら考えると意外と分かりやすいかもしれません。

ポイントとゲームとセットの数え方

まずはポイントでゲームを取ろう

テニスは4ポイント取ることで1ゲームゲットできるわけです。

テニスのポイントは時計で考えるので1ポイント取ると60のうち1/4取れるので15まで進みます。ですので1ポイントが「フィフティーン」になるわけです。

続けて30「サーティ」、45「フォーティ・ファイブ」になるはずですが「「フォーティ・ファイブ」は長い!ということで40「フォーティ」になったという説です。

ゲームの時計が埋まれば、ゲームの時計1つをゲットです。

ゲームの時計を集めてセットを取ろう

次にゲームの時計を集めて、もっと大きいセットの時計をゲットしましょう。

セットはゲームの時計を6つ集めるとセットの時計をゲットできます。

セットの時計をゲームの時計で1つずつ埋めていき、6つ揃えば、セットの時計1つゲットです。

試合に勝つには決められた数のセットの時計を集めよう

試合によって1セットマッチ、3セットマッチ、5セットマッチがあります。決められた数のセットの時計を集めましょう。

1セットマッチはセットの時計1つ

1セットマッチはセットの時計1つ取ると勝ちです。

3セットマッチはセットの時計2つ

3セットマッチは先にセットの時計2つ取ったら勝ちです。

5セットマッチはセットの時計3つ

5セットマッチはセットの時計を先に3つ取ったら勝ちです。

 

特別なルール

ゲームの時計の取り合いでデュース

自分 リーチ!(40)

相手 リーチ!(40)

ゲームを取り合う時にお互いリーチ(40)の状態になった場合「40-40」、「フォーティ・オール」ではなく「デュース(Deuce)」になります。

相手より2ポイント多く取らないといけなくなり、先に1ポイント取ると「アドバンテージ(Ad)」となります。続けてもう1ポイント取るとゲームの時計をゲットできますが、「アドバンテージ(Ad)」の状態で相手に1ポイント返されると再び「デュース(Deuce)」に戻ってしまいます。また相手が先に1ポイント取っても、今度はこちらが1ポイント取って「デュース(Duece)」に戻してあげましょう。

デュース・・・アドバンテージ・・・デュース・・・アドバンテージ・・・デュース・・・永遠に続きます。

「デュース(Duece)」の状態から、相手より先に2ポイント続けてポイントを取りましょう。

セットの時計の取り合いでタイブレイク

自分 リーチ!6ゲーム

相手 リーチ!6ゲーム

セットの取り合いになったとき、先にゲームの時計を6つ集めたとしても相手が5つ集めていた場合、まだセットを取ることができません。ゲームを2つ以上離さないとセットを取ることができないのです。

ですので、自分が6つ集めていて相手がまだ5つの場合は先にもう1つ取ってしまって7−5にしましょう。そうすればセットをゲットできます。

しかし相手にゲームを取られてしまって6−6になった場合は特別ルールの「タイブレイク」でセットを争うことになります。

タイブレイクは先に7ポイント取った方が、そのセットをゲットできるシステムです。ですのでさっさと先に7ポイント取ってしまいましょう。

しかし、こちらもお互いリーチの6−6になってしまった場合は、7ポイント先にとってもセットをゲットできません。2ポイント差をつけないといけないルールなので先に2ポイント続けて取って8−6でセットをゲットしましょう。

しかし6−6で先に次のポイントを取って7−6にしても、この次のポイントを相手に取られてしまった場合は7−7になり、また2ポイント続けて取らないといけないので9−7にしてセットをゲットしましょう。

でも、ここでも2ポイント先に取りきれない場合は、またまた2ポイント差をつけないといけないので・・・10−9・・・14−13・・・20−19・・・50−49・・・100−99・・・永遠に続きます。早く相手より先に2ポイント差をつけてセットをゲットしましょう!

101−99でゲットです。笑

 

まとめ

テニスのポイントとゲームの数え方は60進法になっています。ですので時計をイメージして数えるとわかりやすいと思います。

まずはポイントを集めてゲームの時計を埋めて、ゲームをゲットしましょう。そしてそのゲームの時計を集めてセットの時計を埋めればセットをゲットです。

ゲームもセットも相手とリーチ同士になって取り合いになった場合、相手より2ポイント差をつけるまで永遠に続きますので、早めに2ポイント続けて取ってしまいましょう。そうしないと一生続いて疲れちゃいますよ。

【細かい話は無し】テニスの簡単基本ルールとポイント
テニスを楽しみたいけど、まずは基本的なルールを知らなければ“やる”にしても“観る”にしても楽しみ方が全然違いますよね。細かいルールは今回は無しとして、基本的なルールを知ってテニスを楽しみましょう。テニスの仕方とルール1番の基本的なル...
ここまで知ってる?テニスのポイントのルールと妨害行為|ITF参照
「こんなことでポイントを失うの?」「これって妨害になるの?」テニスの細かいポイントのルール知ってますか?こんな細かいルールを、またまたITF(国際テニス連盟)のルールブックから紹介します。ITF(国際テニス連盟)ルールブックポイン...
男子テニス|世界ランキングとATPファイナルズ出場の決め方と違い
男子テニスでは世界ランキングが毎週更新され発表されています。これはATP(男子プロテニス協会)ツアーの獲得ポイントによって決められていますが、ATPファイナルズに出場するためにもこのポイントが関係してきます。実は世界ランキングとATP...

コメント

タイトルとURLをコピーしました