【オリンピック】テニス過去のメダリストと国別メダル数

オリンピック

いよいよ間近に迫った東京オリンピック。もちろんテニスも正式種目で開催されます。

今までのオリンピックを振り返り、過去のテニスでのメダリスト、国別の獲得メダル数を調べてみました。「やはりそうか。」といった結果にはなってますが。

日本人初のメダルはテニス

日本人で初めてメダルを取った競技は、実はテニスでした。1920年に行われた第7回大会アントワープオリンピックで熊谷一弥選手がシングルスで準優勝の銀メダル、ダブルスで熊谷一弥選手と柏尾誠一郎選手ペアが共に準優勝し銀メダルを獲得。ちょうど来年の東京オリンピックから100年前ですね。それから96年間テニスでのメダルは無く、前回大会リオデジャネイロオリンピックで錦織圭選手が銅メダルを獲得。何か節目の年ですので、日本人選手にいい結果が付いてくることを期待しちゃいますね。

大河ドラマ「いだてん」で出場した金栗四三選手と三島弥彦選手が1912年第5回大会ストックホルムオリンピックに日本人が初めて出場。よく1916年のベルリンオリンピックは中止されました。日本人が2回目に出場したアントワープオリンピックで初のメダルをテニスで獲得したなんてすごいことですよね。
モウ太郎
モウ太郎

僕も近い将来、日本牛として金メダルを取るぞ!

オリンピックテニスの歴史

テニスは数少ない第一回大会からの競技種目、そして最近復活した種目。

テニスは実はオリンピック第一回大会から採用された数少ない競技の1つでした。

しかし、国際オリンピック委員会と国際テニス連盟のイザコザから1924年第8回大会のパリオリンピックを最後にオリンピック競技から姿を消していました。

復活したのは1984年第23回大会ロサンゼルスオリンピックでこの大会ではまだエキシビジョン競技として開催され、正式に競技に加わったはの翌の1988年第24回大会のソウルオリンピックでした。それ以降は毎大会正式種目として採用されています。

最近の優勝者

オリンピック種目のテニスは1988年のソウルオリンピックから正式種目として復活しました。

ソウルオリンピックからのこれまでの優勝者を振り返ってみます。

男子シングルス

大会名
1988年ソウル ミロスラフ・メチージャ
(チェコスロバキア)
ティム・メイヨット
(アメリカ)
ステファン・エドベリ
(スウェーデン)

ブラッド・ギルバート
(アメリカ)
1992年バルセロナ マルク・ロセ
(スイス)
ホルディ・アレッセ
(スペイン)
アンドレイ・チェルカソフ
(EUN)

ゴラン・イワニセビッチ
(クロアチア)
1996年アトランタ アンドレ・アガシ
(アメリカ)
セルジ・ブルゲラ
(スペイン)
リーンダー・パレス
(インド)
2000年シドニー エフゲニー・カフェルニコフ
(ロシア)
トミー・ハース
(ドイツ)
アルノー・ディ・パスカル
(フランス)
2004年アテネ ニコラス・マスー
(チリ)
マーディ・フィッシュ
(アメリカ)
フェルナンド・ゴンザレス
(チリ)
2008年北京 ラファエル・ナダル
(スペイン)
フェルナンド・ゴンザレス
(チリ)
ノバク・ジョコビッチ
(セルビア)
2012年ロンドン アンディ・マリー
(イギリス)
ロジャー・フェデラー
(スイス)
ファン・マルティン・デル・ポトロ
(アルゼンチン)
2016年
リオデジャネイロ
アンディ・マリー
(イギリス)
ファン・マルティン・デル・ポトロ
(アルゼンチン)
錦織圭
(日本)
錦織圭とは完全版|これまでの結果や年収・使用ラケット・ウェア
我らがエース、錦織圭選手です。彼は天才だったのか?松岡修造やマイケル・チャンコーチとの出会い。いかにして世界のトップ選手になったのか?経歴から彼の特徴、現在の収入、使用するラケットやウェアなどのアイテムまで、完全版で紹介します。錦織...

 

女子シングルス

大会名
1988年ソウル シュテフィ・グラフ
(西ドイツ)
ガブリエラ・サバティーニ
(アルゼンチン)
ジーナ・ガソリン
(アメリカ)

マニュエラ・マレーバ・フラニエール
(ブルガリア)
1992年バルセロナ ジェニファー・カプリアティ
(アメリカ)
シュテフィ・グラフ
(ドイツ)
メアリー・ジョーフェルナンデス
(アメリカ)

アランチャ・サンチェス・ビカリオ
(スペイン)
1996年アトランタ リンゼイ・ダベンポート
(アメリカ)
アランチャ・サンチェス・ビカリオ
(スペイン)
ヤナ・ノボトナ
(チェコ)
2000年シドニー ビーナス・ウィリアムズ
(アメリカ)
エレーナ・デメンチェワ
(ロシア)
モニカ・セレシュ
(アメリカ)
2004年アテネ ジュスティーヌ・エナン・アーデン
(ベルギー)
アメリ・モレスモ
(フランス)
アリシモ・モリク
(オーストラリア)
2008年北京 エレーナ・デメンチェワ
(ロシア)
ディナラ・サフィナ
(ロシア)
ベラ・ズボナレワ
(ロシア)
2012年ロンドン セリーナ・ウィリアムズ
(アメリカ)
マリア・シャラポワ
(ロシア)
ビクトリア・アザレンカ
(ベラルーシ)
2016年
リオデジャネイロ
モニカ・プイグ
(プエルトリコ)
アンゲリク・ケルバー
(ドイツ)
ペトラ・クビトバ
(チェコ)

男子ダブルス

大会名
1988年ソウル ケン・フラック
ロバート・セグソ

(アメリカ)
エミリオ・サンチェス
セルヒオ・カサル

(スペイン)
ミロスラフ・メチージュ
ミラン・スレーバー
(チェコスロバキア)
ステファン・エドベリ
アンダース・ヤリード
(スウェーデン)
1992年バルセロナ ボリス・ベッカー
ミヒャエル・シュティヒ

(アメリカ)
ウェイン・フェレイラ
ピート・ノーバル

(南アフリカ)
ハビエル・フラナ
クリスティアン・ミヌッシ

(アルゼンチン)
ゴラン・イワニセビッチ
ゴラン・プリピッチ

(クロアチア)
1996年アトランタ トッド・ウッドリッジ
マーク・ウッドフォード

(オーストラリア)
ニール・ブロード
ティム・ヘンマン

(イギリス)
マルクケビン・ゲリナー
デビッド・プリノジム

(ドイツ)
2000年シドニー セバスチャン・ラルー
ダニエル・ネスター

(カナダ)
トッド・ウッドリッジ
マーク・ウッドフォード

(オーストラリア)
アレックス・コレチャ
アルベルト・コスタ
(スペイン)
2004年アテネ フェルナンド・ゴンザレス
ニコラス・マスー

(チリ)
ニコラ・キーファー
ライナー・シュットラー

(ドイツ)
マリオ・アンチッチ
イワン・リュビチッチ

(クロアチア)
2008年北京 ロジャー・フェデラー
スタニスラス・ワウリンカ

(スイス)
シーモン・アスペリン
トーマス・ヨハンソン

(スウェーデン)
ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン

(アメリカ)
2012年ロンドン ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン

(アメリカ)
ミカエル・ロドラ
ジョーウィルフリード・ツォンガ

(フランス)
ジュリアン・ベネトー
リシャール・ガスケ

(フランス)
2016年
リオデジャネイロ
マルク・ロペス
ラファエル・ナダル

(スペイン)
フロリン・メルジェ
ホリア・テカウ

(ルーマニア)
スティーブ・ジョンソン
ジャック・ソック

(アメリカ)

女子ダブルス

大会名
1988年ソウル パム・シャライバー
ジーナ・ガソリン

(アメリカ)
ヤナ・ノボトナ
ヘレナ・スコバ

(チェコ)
エリザベス・スマイリー
ウェンディ・ターンブル
(オーストラリア)

シュティフィ・グラフ
クラウディア・コーデキルシュ
(西ドイツ)
1992年バルセロナ ジジ・フェルナンデス
メアリー・ジョー・フェルナンデス

(アメリカ)
コンチタ・マルティネス
アランチャ・サンチェス・ピカリオ

(スペイン)
レイチェル・マッキラン
ニコル・ブラドケ
(オーストラリア)

ナターシャ・ズベレワ
レイラ・メスヒ

(EUN)
1996年アトランタ ジジ・フェルナンデス
メアリー・ジョー・フェルナンデス

(アメリカ)
ヤナ・ノボトナ
ヘレナ・スコバ

(チェコ)
コンチタ・マルティネス
アランチャ・サンチェス・ピカリオ

(スペイン)
2000年シドニー ビーナス・ウィリアムズ
セリーナ・ウィリアムズ

(アメリカ)
クリスティ・ボーグルト
ミリアム・オレマンス

(オランダ)
エルス・カレンズ
ドミニク・ファン・ルースト

(ベルギー)
2004年アテネ リー・ティン
スン・ティエンティエン

(中国)
ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
コンチタ・マルティネス
(スペイン)
パラオ・スアレス
パトリシア・タラビーニ

(アルゼンチン)
2008年北京 ビーナス・ウィリアムズ
セリーナ・ウィリアムズ

(アメリカ)
ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
アナベル・メディア・ガリゲス

(スペイン)
ジェン・ジー
ヤン・ツィ

(中国)
2012年ロンドン ビーナス・ウィリアムズ
セリーナ・ウィリアムズ

(アメリカ)
アンデレア・フラバーチコバ
ルーシー・ハラデツカ
(チェコ)
マリア・キリレンコ
ナディア・ペトロワ

(ロシア)
2016年
リオデジャネイロ
エカテリーナ・マカロワ
エレーナ・ベスニナ

(ロシア)
ティメア・バシンスキー
マルチナ・ヒンギス

(スイス)
ルーシー・サファロバ
バルボラ・ストリコバ

(チェコ)

混合ダブルス

大会名
2012年ロンドン ビクトリア・アザレンカ
マックス・ミルヌイ

(ベラルーシ)
ローラ・ロブソン
アンディ・マリー

(イギリス)
リサ・レイモンド
マイク・ブライアン

(アメリカ)
2016年
リオデジャネイロ
ベニサー・マテックサンズ
ジャック・ソック

(アメリカ)
ビーナス・ウィリアムズ
ラジーブ・ラム

(アメリカ)
ルーシー・ハラデツカ
ラデク・ステパネク

(チェコ)

 

ゴールデンスラム

テニス4大大会グランドスラムの全ての大会で優勝し、さらにオリンピックで優勝したことがある選手を「ゴールデンスラム」と呼びます。オリンピックは4年に一度しか開催されないので、ゴールデンスラムを獲得するのはかなり大変です。

過去にゴールデンスラムを獲得した選手は男子シングルスですとアンドレ・アガシラファエル・ナダルだけ、女子シングルスではシュテフィ・グラフセリーナ・ウィリアムズだけです。さらに驚くことにシュテフィ・グラフは1年間で達成、セリーナ・ウィリアムズはシングルス・ダブルス両方でゴールデンスラムを獲得しています。

テニス|偉業と言われるタイトルの世界 -ゴールデンスラムなど
テニスには数々の素晴らしいキャリアがあります。4大大会の全てを制することやオリンピック優勝など、その素晴らしいキャリアを達成したものには素晴らしい称号が与えられます。「ゴールデングランドスラム」や「年間グランドスラム」と言った称号をお...

 

モウ太郎
モウ太郎

僕がテニスを始めるきっかけとなったナダル選手。やっぱりすごいなぁ。

テニスのナダルとは|経歴や使用する時計・ラケット・筋肉までまとめ
クレーキングことラファエル・ナダル。歴代男子テニスでの数々の記録を作り、長い歴史の中で二人しかいないゴールデンスラム達成者の一人。その他にも、とんでもない記録の数々です。今回は彼の経歴を紹介します。ラファエル・ナダルとはナダルの...
セリーナ・ウィリアムズ|年収や使用ラケット・ユニフォーム紹介
優勝回数シングルス73勝、ダブルス23勝。グランドスラム優勝23回。グランドスラムダブル達成、ゴールデンスラム達成など、現在の現役選手で男女合わせてあのロジャー・フェデラーをもしのぐ、数々のタイトルと名誉を獲得しているセリーナ・ウィリアム...

 

国別メダル獲得数

 

合計
アメリカ 21 12 40
イギリス 17 14 12 43
フランス 18
ロシア
南アフリカ
ドイツ 12
スペイン 12
スイス
チリ
チェコ(チェコスロバキア)
オーストラリア
カナダ
ベルギー
プエルトリコ
中国
ベラルーシ
スウェーデン
日本
アルゼンチン
オーストリア
ギリシャ
ルーマニア
デンマーク
オランダ
クロアチア
ハンガリー
イタリア
インド
セルビア

ニュージーランド

ボヘミア

ノルウェー

ブルガリア

 

まとめ

過去のオリンピックのテニスについて書いてみました。

歴史を見ると、テニスは第一回大会から採用されている歴史あるスポーツであるここと、近代オリンピックでは、意外と最近復活したまだ若い種目であることがわかりましたね。

過去の優勝者もまだ数名で、オリンピックでメダルを取ることの大変さがわかりました。

国別メダル数も圧倒的にアメリカとイギリスが多く、テニスが盛んな国が見えてきました。

その中で日本が銀目立つ2つ、銅メダル1つ獲得していることが誇らしいですね。

来年の東京オリンピックでは、前回大会銅メダルの錦織選手、現在女子で最も金メダルに近い大坂なおみ選手の活躍に期待ですね。

オリンピックもテニスを楽しんじゃいましょう。

テニス|偉業と言われるタイトルの世界 -ゴールデンスラムなど
テニスには数々の素晴らしいキャリアがあります。4大大会の全てを制することやオリンピック優勝など、その素晴らしいキャリアを達成したものには素晴らしい称号が与えられます。「ゴールデングランドスラム」や「年間グランドスラム」と言った称号をお...

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました